なんてことない毎日だけど

平凡な主婦のなんて事ない毎日を、気ままに綴っていけたらと思います。

写真

 

先ずは、今日のお昼ご飯。(*^^*)

f:id:asahi11071005:20211013223835j:image

ガパオライス

野菜と卵のスープ

 

ガパオライスは、バジルが無かったので

代わりに大葉を使いましたが

全然イケましたよ。(^-^)v

 

 

さて

先月の長女の結婚式で

式場のカメラマンさんが撮って下さった

たくさんのスナップ写真の中に

次女が写ってるのも結構ありましたから

昨夜、送信する事にしたんです。

 

で、送る写真を選んでたら・・・

 

私は式でも披露宴でも

終始笑顔の次女しか見てなかったんですけど

親への花束贈呈のシーンの際

あの子ったら、他に誰もいない親族席で

ひとり、こっそりww泣いてて・・・。

 

その写真を見たら

 

『あぁ私、この子の泣き顔

どれくらい見てなかっただろ?』

 

って。

 

 

ウチは長女と次女、2歳も離れてないので

母としては

同じように育てたつもりでしたが

性格は、全く違うんですよねぇ。

 

長女は、人にも自分にも誤魔化しが無いから

とってもわかりやすいし

甘えるのもストレートです。

 

一方、次女は

例えば、悩んだり困ってる事があっても

心配かけるくらいなら、内に秘めてた方が楽

みたいな子。

 

なので

大学卒業後は、ひとり暮らしして

もちろん仕事して

 

つらい事なんて山ほどあったでしょうに

いつだって、こんな事があったと話す時には

大抵解決しちゃってるんですよね。(^-^;

 

むかしから、ちっとも変わらない。

 

 

夫が海外赴任で、何年も別に暮らしていた頃

娘たちはそれぞれ、受験やら就活やら

大変な時期でしたし

それに

義父母も何かと問題を持ち込みましたからww

やはり、私ひとりじゃしんどい時もあって

 

たまの気晴らしくらいはとww

ある日、珍しく学生時代の友達の集まりに

参加したんです。

 

何十年ぶりかの、懐かしい友達との

楽しい時間はあっという間に過ぎ

 

さあ、晩ごはんの支度をしなきゃと

急いでウチに帰ると

その頃まだ学生だった次女が毛布に包まって

 

「ママ、おかえり〜!」って。

 

明るく迎えてくれたって、様子がおかしいのは

一目見れば直ぐ分かるわけで・・・。

 

次女、とても高い熱を出してました。

 

「なんで連絡してこなかったの⁉︎

早くっ、病院行こっ!」

 

慌てて、車のキーを持とうとする私に

次女

 

「だってママ

せっかく久しぶりのお出かけじゃん

大丈夫だよ

病院はタクシー呼んで、さっき行って来た

自転車じゃ、ちょっと無理かなってww」

 

熱で真っ赤な顔してるくせに

いたずらっぼく笑うから・・・

 

母は、言葉に詰まってしまったのを

今でもよく、覚えています。

 

 

次女にもいつか

分かる日が来るかもしれません。

 

甘えたり頼ったり

時にはワガママ言ってくれた方が

親は安心で嬉しかったりするってコト。

 

 

写真送ったら、直ぐ

『ありがとう』って返信がありました。

 

・・・ったく

 

『ありがとう』なんていいから

他にお願い事の一つや二つ、言いなさいよっ

 

です。(^◇^;)

 

f:id:asahi11071005:20211013223520p:image