なんてことない毎日だけど

平凡な主婦のなんて事ない毎日を、気ままに綴っていけたらと思います。

おめでとう

 

母が生きていたら

昨日が、86回目の誕生日でした。

 

母の人生もまた、誰もがそうであるように

決して楽なものではなかったですが

唯一の救いは、最期の最期まで

父に愛された事だったかもしれません。

 

母が病に倒れてからというもの

父の献身ぶりは、看護師さん達の間で

評判になる程でした。

 

そして、最期の時も

父だけが母の傍らにいて

ふたりきりの空間の中で

母は苦しむ事なく、逝きました。

 

それから、そのわずか数年後

今度は父が突然倒れ

たったひとりで、母の元に旅立ちました。

 

私は周囲の人に

今の時代にしては早くに両親を亡くした事

それも、立て続けに亡くした事を

不憫がられたりしました。

 

もちろん、深い悲しみの中にはいましたが

それでも心のどこかで

 

『ああ、これで

父も母も、寂しい想いをしなくて済む…』

 

そんなふうにも思ったものです。

 

多分…

娘である私にとっても

両親が最期まで、お互いを想い合ってた事が

唯一の救いだったのかもしれません。(^-^)

 

 

 

生前、父は母の誕生日だからといって

何をするわけではありませんでしたし

母も、何かを求めたりした事は無かったです。

 

そういう夫婦でしたから

昨日もふたりは、普段と変わりなく穏やかに

過ごしたのだろうと思います。(笑)

 

まぁけど

一応ww、私からは贈っておきました。

 

言葉だけ。(笑)

 

「誕生日、おめでとう!」(*´∇`*)

f:id:asahi11071005:20210308071109j:image